注目

最初のブログ投稿

これは投稿の抜粋です。

広告

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックして内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。

post

富士宮市に病児保育をつくる!『やった〜!編』

先日の静岡新聞見ていただけましたでしょうか?

ついに、行政が動きました!

先日の市議定例会議で、稲葉市議が病児保育について発言したくださいました。

以前、私たちが保育園・幼稚園に通っているお子様を持つ、お父さんお母さんにアンケートを書いていただいたのを覚えているでしょうか?

5000人に配布し、3000人以上の方に回答をいただきました。

このアンケートをもとに、発言をしてくれました。

【お子様が熱が出たら、どうしますか?】

1、自分が仕事を休んで看病する

2、家族の誰かが仕事を休んで看病する

3、おじいちゃんおばあちゃんに預けて、みてもらう。

4、子供を一人で家に置いて、仕事に行く。

5、少しぐらいの熱なら、登園させる

あなたは、どれにあてはまりますか?

この中で、4.5を選ばざるを得ないご家庭の方がいます。何かあってからでは、大変です。そう言ったところも含めて、市長、子供みらい課等に向けて発言してくれました。

その結果、児童館の建て替えの際に、今、大宮保育園にある病後児保育が、児童館で病児・病後児保育室として、新しい児童館の中に入ることになりました‼️

大きな1歩です‼️

しかし、まだまだ問題があります。

1つ目は、児童館の建て替えが2022年と、あと4年先であること。

2つ目は、その病児・病後児保育室で、いったい1日何人のお子様を預けられるのか。

3つ目は、感染症の子どもを預かれるのか。

大きな問題は、この3っでしょうか?ただ作ればいいのでは意味がありません。この辺りの問題については、今後も訴えていきたいと思っています。

また、理想は小児科の施設内もしくは、小児科と併設です。ですので、市立病院内に設置という意見もこのまま継続して推していこうと思いますので、みなさん、応援よろしくお願いします!

富士宮市に病児保育を作る『市立病院編』

大変ご無沙汰しておりました。

本業でバタバタしていたため、投稿が遅くなってしまいました。

ちなみに、ただ今、人身事故のためかれこれ2時間ほど新幹線の中に閉じ込められている状況で、ブログを書いております。

先日、稲葉市議と望月よしお議員の秘書さんと、市立病院に行ってきました。

まずは、市立病院に病児保育を置くのがいいと思っています。

まずは、行政でやるべきなんです。そこから、一般の病院でやるというのが、いい形ではないかと思っています。

今回、市立病院の院長先生が話を聞いてくださいました。

院長先生も、病児保育の必要性は感じてくださっているようですが、院内感染の心配をされていました。

そりゃあ、やると決まれば、院内感染しないように最善策を考えますよ。

まずは、やるかやらないかの回答をお聞きしたかったのですが、市立病院がやるやらないを決める事は出来ないらしく、結局は役所の決定がなければできないらしく、、、

何だか、たらい回しにされてる感があり、、、

でも、院長先生が話を聞いてくれたというのは、とても、大きな事だと自分を納得させて。

さぁ、次の戦略を考えよう!でも、これからは、稲葉市議と望月よしお議員も味方になってくれた事だし、心強い‼️

11月の定例議会には、何か進展があるかも、、、

富士宮市に病児保育を作る!『あっ!と驚くメッセージ編』

先日、ある方からメッセージをいただきました!

『富士市の病児保育室を富士宮市民も利用できるようにするのはだめですか』

もちろん、そうなったら助かる方はたくさんいると思いますので、そうなったらありがたいと返事をさせていただきました。

そして

『わかりました。検討します。』

とお返事が来ました。

そうです。富士市で病児保育をやっている、北西医院の医院長先生が、このブログを見て共感してくださり、メッセージをくださいました。

富士宮市に病児保育を作る事は、まだまだ諦めていませんが、すぐにすぐ出来るものでもないと思っています。

それまでの間、 富士市でも預かってくれる病院があれば、助かる方はたくさんいらっしゃるはずです。

どうか良いお返事お待ちしております🙇‍♂️

富士宮市に病児保育を作る!(やっと前を向いた編)

先日、あるところから呼び出しをされました。

いったい何事かと思って、行ってみたところ、あまり多くは語れないのですが、、、

要するに、富士宮市にも病児保育を作れるように、前向きにこれから動いていきそうだ。

ただ、まだまだ、簡単にはいきそうもないのだけれど、今までは、前も向いていなかったところが、前を向いたところまでは、動いたかな!

少しずつ少しずつでも、前進前進、、、

富士宮市に病児保育をつくる!『衆議院議員編』

前回、衆議院議員の望月よしおさんと数分話をさせていただく事ができ、その際

『是非話を聞かせてください。』

と、名刺をいただき、

『富士宮の事務所に来てください』

と言ってくださったので、遠慮なく後日行ってきました。

場所は、イオンの南側にあり、こんなところにそう言えばあったかも、、、というくらい、遠慮気味に事務所がありました。

中に入っても、とても地味な感じでした😅

第1秘書と第2秘書のお2人がいて、当然、望月よしお議員はいらっしゃらなかったですが、2人が丁寧に話を聞いてくれました。

病児保育の必要性や、市長の考え方、ブログの全部のコピーを渡し、企画書も用意しました。

国の政策の一部になっている事は、私が言うまでもなくもちろん知っていて、病児保育の必要性も理解してくれました。

とても話しやすく、1時間くらい話をしてきました。

議員事務所と聞くと、ちょっと敷居が高く、いつでも気軽に行ける雰囲気ではないと思っていましたが、そんな感じもなく、思う存分言いたい事を言ってきました。

富士宮市だけでなく、日本は、福祉や子育てについては遅れていて、富士宮市については特に遅れていると同じように感じてくれていました。

望月議員が、過去に富士宮市のためにやってくれた数々の功績を拝見しても、子育てに関する事には、何も手をつけてくれていません。

それは、議員たちや市が何もしてくれないのではなく、私たち市民がもっと声を大にして訴えないからという事も、原因の一つなのかもしれません。

もっともっと、子育て世代の私たちが、意見をしても良いのです。

きっと、それを聞いてくれる人がいるはずです。

富士宮市に病児保育をつくる!『市長とご対面 編』

1か月ぶりの投稿です!

先日、御縁をつないでいただき、衆議院議員の望月よしおさんとお会いすることができました。

といっても、話をしたのはほんの数分。

でも、

『富士宮市に病児保育を作りたいんです』と話すと、

『それは良いですね。是非、話を聞かせてください』と言ってくれました。

同時にその日、須藤市長ともほんの数分話をする事ができました。

2月の定例会議に市議会議員さんが一般質問してくれた事もあり、

『富士宮市に病児保育を作りたいんですが』と言うと、

『あーそれね。子どもが病気の時に、親がみないと、、、』

『それは、その通りだと思います。しかし、それができない人がいるんです』

『秘書を通して来てくれれば、話を聞きますよ』

なんとも、厄介者を追い払うかのような言葉で、その場を去って行きました。

しかし、11月の一般質問、2月の一般質問、そして、先日と、立て続けに『病児保育について』市長が耳にしたと言う事が、とても大きな意味があると思っています。

不妊治療の助成金は、富士宮市は他地区よりもとても多く助成してくれます。

この不妊治療の助成金の決定は、市長自らが 言ってくれて決まったそうです。

そんな市長ですから、きっと、子育てについてもわかってくれると信じています。

富士宮市に病児保育をつくる!『なぜ病児保育が必要か②編』

自分の子供が熱を出して苦しんでいる時、誰かに子供を預けて仕事をするというのを、喜んでやる親はいません。

前にも書きましたが、1日2日の熱などなら、会社を休んで親が看病するべきです。

でも、1週間休むインフルエンザや耳下性炎などの感染症となったらどうでしょう?、、、

3世代世帯の家族は、確かに祖父母が看てくれるかもしれません。でも、その家族も感染症にかかり、誰も看てくれる人がいなかったら?、、、、

別の視点から見ていきましょう。

少子化の世の中。少子化対策のために、富士宮市では、不妊治療の助成金を近隣の地区よりもかなり多く出してくれています。

とても、ありがたい事です。

その助成金のおかげもあって、子供を授かる事が出来た家も沢山あります。

しかし、治療には莫大なお金がかかります。助成金は、治療費全額出してくれる訳ではありません。そして、辛い治療にも耐え、ようやく授かっても、治療費で莫大な費用を費やしたため、子供のためにも共働きで稼がなければいけない家もあります。

更に、頼れる人が近くにいなくて、子供が欲しくて欲しくてやっと授かっても、いざという時に見てもらえる人がいない。

そんな人も、たくさんいるのです。

自分は困っていないからいいのではなくて、困ってる人がいるなら助ける。小さい頃から、大人にそう言われてきていませんでしたか?

アンケートの結果、富士宮市に病児保育が必要だと答えた人は、60%以上。必要ないと答えた人は、たった3%。

この結果からも、答えは出ていると思うのですが、何故富士宮市は対応しないのでしょうか?

ある県外の市長が、待機児童0を宣言しました。その年、宣言通り待機児童は0になりました。

しかし、次の年、また待機児童が出ました。なぜだと思いますか?

それは、ここの市にくれば保育園に入れる。ここの市は、子育てしやすい市だと、たくさんの人が越してきたからだそうです。

これからの富士宮市を築いて行くのは、若い人たちです。

その若い人たちが子育てしやすい市だとたくさんの人が集まってきたら、富士宮市の未来は明るいと思いませんか?

観光客も大事ですが、まずは、富士宮の市民が安心して暮らせるという事が、大事だと思うのは、私だけでしょうか?